風俗で遊ぶなら、事前に読んでおきたい体験談!

120分で心から満足した

120分となるとさすがにゆったり出来るしで満足出来ますね。ただ、さすがに長時間なのでなかなか利用出来ないですし、更には初めての女の子だとまだまだお互いのことを分かっていないので120分という時間を有意義に利用出来ない可能性もありますよね。それもあって普段はあまりここまで長時間は利用しません。でもお気に入りのデリヘル嬢が出来たんです。彼女は優しい雰囲気で一緒にいたいって思わせてくれる女の子だったんです。2回程指名して楽しませてもらっていたので、次は120分楽しませてもらおうって思って指名したんです。案の定彼女との時間は素晴らしものになりました。風俗も人間関係というか、信頼がとても大切になってきます。だからこそ既に信頼感が出来上がってた彼女とであれば120分も楽しめるかなと思ったんですけど想像以上に楽しい時間になりました。これだけ満足出来ると性欲そのものがどこかに吹っ飛んだような気がしますね。

救急車が来たのでビビったんです

プレイそのものはいつも通りの楽しいものでしたが、その日のデリヘルは物凄く驚いたんです。なぜならホテルにどんどんサイレンが近付いてくるのが分かったんです。サイレンくらいでは特に何も思わなかったものの、徐々に近づいてくるのが分かりました。そして割と近いかなって思った所で止まったんです。そのホテルは窓が無かったので外の様子が分からなかったんです。だからデリヘル嬢の彼女と一緒にいろんな想像しました。お店が何か悪いことをして捕まるんじゃないかとか(笑)自分も警察だと思っていたので、頭の中で必死に言い訳を考えていたんです。ただ風俗を利用していただけだとか、何も知らないとか。そしてサイレンがようやう止まったと思ったら、何やら隣の部屋がドタバタしているんですよ。ホテルのドアを少し開けてちらっと外を見てみたら、救急車が入っていたんです。しかも隣の部屋。ホテルにはいろんなドラマがあると言いますけど、さすがにビビりましたね。

常連客の特権かもしれない

デリヘルからの電話は常連客の特権かなって思っています。店舗の風俗から電話がかかってくることはそうそうないと思いますけど、デリヘル店からはよく電話がかかってくるんです。常連客の特権かもしれませんね。大抵は要約すれば「お客がいないので利用しませんか」というものではありますが、電話をくれるだけでも嬉しいじゃないですか。それでいつも利用させてもらっているんです。というのも、電話がかかってくるといつもよりも破格の条件を提示してくれるんです。お店側としてもお客が来ないよりは来てもらって楽しみたいって気持ちがあると思うんですよね。だからその気持ちは分からないものじゃないかなって思うんですけど、前回なんてかなりの割引率。しかも時間も少し伸ばしてくれたりと常連客って悪いものじゃないなと。でも常連客だからって言って胡坐をかいていると電話がかかってこなくなっちゃうかもしれませんので、適度に定価でも利用していますけどね。

体験談

交渉の窓口は自分自身ですよ

風俗店の場合は受付ですけど、デリヘルの場合それは電話になるんですよね。だからデリヘルを利用する時は軽い気持ち電話出来るとはいえ、シビアな視線も忘れないようにしています。なぜならデリヘルでの電話は顔が見えないのでいろいろと言いやすいですが、それはデリヘル店側とて同じですよね。どんな条件が飛び出すのかは明けてみなければ分かりませんが、こちらばかりの要求を伝えていてもダメなんです。交渉はオールオアナッシングではなく、条件をすり合わせることなので、相手の言葉に聞く耳を持つのも大切です。ただこれを心がけているからか、デリヘルではかなり良い思いをしています。高圧的にではなく、あくまでもお客として楽しむというスタンスで楽しんでいるので交渉もあまりムキになったりせず、あくまでも楽しむ一環として行っているのですが、そのスタンスが功を奏しているのかもしれません。ちなみに次回のデリヘルも既に交渉で決まっているんですよ。

風俗情報誌の使い方

風俗情報誌よりもお店のホームページやポータルサイトを活用している人の方が多いとは思いますけど、それでも風俗情報誌を利用するメリットはまだまだたくさんあるって思います。例えばですが、風俗情報誌の場合、クーポンが用意されているんですよね。しかもいろんなお店のクーポンが用意されているのでホームページのように自分の興味のあるお店だけではなく、興味のないジャンルの風俗であってもクーポンのおかげで興味を持てるんです。更には紙面構成。ホームページより女の子の紹介に力を入れている所も多いので記憶が鮮明になるんです。これもやっぱり大切なメリットなんじゃないですかね。更にはデリヘルの場合は特典等まで用意してくれているお店も多いので、割と風俗情報誌は頼りにしています。デリヘルを利用することが多いんですけど、ホームページにさえ割引クーポンがないのに風俗情報誌に割引クーポンを用意してくれている所もあったりしますからね。

気付いたら延長していたんですよ

気付いたら延長してしまっていました。延長は風俗ではあまりしたことがなかったんですよね。だから自分でもまさかと思いましたけど、気付いたら延長していました。それだけ彼女との時間が良かったのかもしれません。デリヘルの場合、延長出来ないケースもあるじゃないですか。後ろが詰まっていたりスケジューリングの都合で。だから恐る恐る彼女に聞いてみたんです。そうしたらOKだったので50分ほど延長してもらいました。ちまちま15分とか延長するよりも、一気に延長した方がゆっくり出来るかなって。なぜそこまで延長したかったのかといえば、彼女の魅力に他なりません。明るくて優しい雰囲気でありつつ、男心をくすぐるかのような彼女の透明感。一緒に居たいと思わせてくれる女の子は風俗で初めてだったのかもしれません。快感だけではなく、彼女ともっと一緒にいて楽しみたい。その気持ちから気付いたら彼女に延長を提案していたんだと思うんですよね。